プロペシアとミノキシジルの併用が一番!

■薄毛治療で効果のあるのは何?

・頭のてっぺんが薄くなってきた・・・
・生え際が後退してきた・・・

と薄毛に悩んでいる方には、どんな治療が効果あるのでしょうか?薄毛治療と一言でいっても、「病院での薄毛治療」に「育毛剤」「育毛サプリメント」など、いろいろな治療があります。

当サイトでは、これらを一つ一つ検証していきます。

■プロペシアとミノキシジルの併用は効果ある?

AGA(男性型脱毛症)にはプロペシアとミノキシジルの併用治療が効果あるようですが、本当に効果があるのでしょうか?

効果とは、「抜け毛予防効果」ではなく「発毛効果」なのでしょうか?薄毛治療にプロペシアは効果があるのでしょうか?

プロペシアの効果

プロペシアは医薬品であるので一定の効果が認められています。

とはいうものの、プロペシアには発毛効果はありません。このことを理解していない方が多いようですね。

「AGA(男性型脱毛症)にはプロペシアが有効!」なんて宣伝文句が多いように感じます(汗) 間違った理解をしないようにしましょうね。

プロペシアは、AGAの原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)が作られるのを抑える効果があります。

DHTは、テステステロン(男性ホルモン)が5αリダクターゼ(還元酵素)の影響を受けて変化したものです。プロペシアは、この5αリダクターゼの働きを抑える作用があります。

5αリダクターゼの働きが衰えるので、テステステロンに影響を与えることがないので、DHTへは変化しない!ということ理屈です。

〇結論

プロペシア単独では「予防・現状維持には適している」が、発毛に関しては「そこまでの効果はないが、中には生えてくる人もいる」ということです。AGAの進行が止まることで、一定数の人が発毛する(正確には元にに戻る)人もいる。

ミノキシジルの効果

ミノキシジルは、元々は血圧を下げる治療薬の成分の一つとして使用されていました。主な作用としては「血管拡張作用」があります。血管を広げることで血流ま増して、肝臓で作られる髪の栄養分が効率よく毛根へ運ばれることで、髪の毛が生えてくるとされています。

ミノキシジルを主成分とした育毛剤に「リアップ」がありますよね。リアップにはミノキシジルが5%配合されています。初めは1%だけだったんですね。副作用の心配があるとして1%配合のものしか認可されなかったんです。

今では5%なので副作用の心配もそれほど高くないことが分かってきたのでしょう。ただし、薄毛治療の専門クリニックでは、外用薬(育毛剤)としてのミノキシジルよりも効果の高い、内服薬のミノキシジルタブレットを処方してもらうことができます。頭皮から浸透させるよりも内服薬として服用したほうが効果があります。

しかし、ミノキシジルには発毛効果はありますが、抜け毛の抑止効果はありません。

そこでミノキシジルとプロペシアを併用する必要が出てくるんですね。

プロペシアとミノキシジルを併用するべき

以上のことから、薄毛に悩んでいる方はプロぺシアとミノキシジルを併用するべきなんですね。

プロペシアだけでも、ミノキシジルだけでも発毛させるには効果が半減してしまいます。特にミノキシジルだけで発毛させようするのは苦しいかもしれませんね・・・。

まずは、薄毛の進行を止めることが先決です!

予算的に厳しいのであれば、まずはプロペシアから服用しましょう。

プロペシアもミノキシジルも医薬品なので医師の処方が必要となります。そこでおすすめするのが薄毛治療の専門病院です。

実は皮膚科クリニックでもプロペシアを処方しているところはありますが、あまりオススメしません。というのは、皮膚科に薄毛の専門医がいるわけではありません。(当然ですよね)

薄毛の専門病院では、プロペシアやミノキシジルに他にも、プロペシアよりも効果が高いとされる新薬のザガーロや、女性用の治療薬であるパントガールやパントスチンなども扱っています。

専門病院と聞くと「費用が高いんでしょ?」と思うかもしれませんが、実は、ほとんどのクリニックで皮膚科よりも安いです。プロペシアの価格は皮膚科では10000万円前後ですが、専門病院では7000円前後です。ミノキシジルに至っては扱っていない皮膚科もあります。

また専門病院には、病院独自のオリジナ治療薬を開発しているクリニックもあるほどです。まずは、プロペシアとミノキシジルの併用治療を行うべきですが、治療期間を短縮したい方は試す価値はありそうです。

薄毛治療の専門病院と言っても、どの病院がいいのか探し方が分からないかもしれません。

全国の薄毛治療の病院を紹介しているサイトもたくさんあるので、とても参考になります。

育毛メソセラピーやHARG療法は効果ある?

また薄毛治療の専門病院には、注射などを使用する注入治療も選択することができます。これは、発毛成長因子など発毛効果の高い成分を注射などを使用して、ダイレクトに毛根へ届ける治療となります。

外用薬や内服薬のように効果のでるまでに時間がかかることもなく、3~4カ月で発毛を実感する人もいるほどです。治療期間は平均して6か月~10カ月程度です。

1か月に1回の注入治療を行うので6~10回の治療を行います。費用は高いですが効果の高い治療のなので検討する価値はありそうです。

こちらも薄毛治療の専門病院で受けることができます。

■育毛剤は効果あるの?

育毛剤も最近では、薄毛の原因を抑制しようとするものを多く見かけるようになりました特に、AGA(男性型脱毛症)の原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)を作らせないようにする成分を配合してあるものが主流となっています。

男性ホルモンのテステステロンが5αリダクターゼ還元酵素の影響を受けてDHTへと変化することから、5αリダクターゼの働きを抑えることでDHTを作らせないようにしようというものです。

育毛剤の種類はたくさんありますが、5αリダクターゼの働きを抑制する成分に何を配合しているのかが違うだけであって、求めている作用に違いはほとんどありません。

5αリダクターゼの働きを抑制する成分には、オウゴンエキス、センブリエキス、Mー034エキスなど、いろいろなものがあります。どの成分を使用しているのかが育毛剤によって違いますが、求める作用に違いはないですね。

また主成分の他に「保湿作用」「血行促進作用」など、様々な作用を求めて成分を配合していますが、他の育毛剤との差別化をするためだと考えられます。

しかし、女性用育毛剤はこの限りではありません。女性が薄毛になる原因には頭皮の乾燥など頭皮環境の悪化が原因であることが多いので、女性用育毛剤には「保湿作用」「血行促進作用」が求められます。

では、これらの育毛剤で効果はあるのでしょうか?

それは、

あなたが育毛剤にどのような効果を求めているのか?

によって違ってきます。

もしあなたが、「これ以上薄毛を進行させたくない」というような現状維持が目的であったり、「抜け毛を減らしたい、抜け毛を止めたい」のような予防が目的であるなら、育毛剤でも一定の効果を期待することができるかもしれません。

しかし、あなたが「髪の毛を増やしたい、生やしたい」というように発毛を期待しているなら育毛剤では期待に応えることができる可能性は低いと言わざるを得ません。

これは、配合成分の効果が低いということではありません。ただ育毛剤は医薬部外品ですので、効果があると言えるだけの根拠を示せていないんですね。

例えば、それは成分に問題がなくても効果が出るまでの量が含まれていないのかもしれません。

もし「配合量」が足りないのであれば、「何故、量を増やさないのか?」という疑問が出てきますよね?

もし効果が出るまでの量を増やせば、それは「医薬部外品」でなく「医薬品」になってしまいます。育毛剤が医薬品になれば、それは市販ができなくなってしまうんですね。

また、医薬品として認可されるまでに、かなりの時間がかかってしまいます。そのような裏側の事情があるんでよね(笑)ただ一つ医薬品として売られている育毛剤があります。それがリアップですね。

■育毛サプリメントは効果ある?

育毛剤では「予防・現状維持」はできるけど、「発毛」までを期待するのは難しい、ということを説明しました。

では育毛サプリメントはどうなのでしょうか?

これも育毛剤と同じということは想像できるでしょう。

サプリメントは健康食品の範疇に入ります。つまり医薬品ではないので、「効果があるとはいえない」ということです。

発毛を期待するなら、やはり専門病院が一番だということですね。

■まとめ

薄毛治療には、専門病院による治療が一番効果が高くオススメだということです。

また専門病院の中でも、まずはプロペシアとミノキシジルの併用治療を試みるべきです。

というのも、費用対効果が一番高いからです。育毛メソセラピーやHARG療法は確かに効果の高い治療ですが、費用の高いのがデメリットですう。

育毛剤や育毛サプリメントなどを試すのなら勇気をもって病院での診察を受けるようにしましょう。まずは無料のカウンセリングから始めましょう。